商品情報

ホーム > 商品情報 > モニタリング > aEEG脳機能モニタリングNicoletOne ニコレーワン

aEEG脳波トレンド搭載脳機能モニタリングNicoletOneニコレーワン

aEEG脳波トレンド搭載NicoletOne
NicoletOneTM
簡便に非痙攣性てんかん重積状態(NCSE)の検出を可能にします。

これまで難しいとされていた集中治療領域(救命センターやICU、NICUなど)での脳機能モニタリング。

その理由として、脳波判読の難しさと近接する様々な医療機器からの電気ノイズ干渉があります。

NicoletOneは、aEEG (Amplitude-integrated EEG)をはじめとした様々なトレンドにより、てんかん発作や脳活動低下状態をパターンで評価する事ができます。

また、従来の脳波計は集中治療領域での使用を前提として開発されていないため、周辺の医療機器から発する電気ノイズに対し脆弱な面がありますが、NicoletOneは集中治療領域での使用に特化し開発されているため、電気ノイズに対する堅牢さもご好評いただいております。

てんかん重積状態(痙攣性、非痙攣性)は意識障害と並んで最も高頻度な神経症候の一つであり、集中治療・脳神経救急の最も重要な課題とされています。 特に非痙攣性てんかん重積状態(NCSE)は痙攣などの目に見える所見を示さないため、脳波モニタリングを実施していない場合は診断までに遅れが生じ、死亡率に優位に寄与する因子とされています。

・TBI(頭部外傷)などの症例では50%弱の割合に非痙攣性てんかん発作が発生しているとされています。

・16%を超えるNICU 患児に未発達未熟児や潜在性てんかんの可能性があるといわれています。

 


aEEG脳波トレンド搭載nicoletニコレーワンは、aEEG トレンドにより潜在性てんかん発作の発見/長時間の連続モニタリング発作やHIEやIVHの発見がNICUで容易に実現 Nicolet One画面例
-aEEGトレンドと生波形(EEG)の表示-

 

パターン分類でてんかん発作検出など脳機能評価を可能とした『aEEGトレ ンド』を中心に、リアルタイムの生波形EEGの表示、過去の生波形EEGを瞬時に呼び出し閲覧する事が可能となっています。

 

この事により、多忙な集中治療領域での脳波モニタリングを簡便なものとし、同時にてんかん発作の見落としを大幅に軽減する事に繋げる事ができました。

また、記録した全ての生波形及びトレンドは本体のハードディスクに保存され、簡単に呼び出して閲覧・リモンタージュなどを可能としています。

 

 

てんかん発作検出に特化した『エンベロープトレンド

脳波の振幅量に応じて変化し、てんかん波などの棘波が続くとトレンドが変化します。 またノイズなどの周波数成分には強めのフィルタがかけられているため、てんかん発作の検出の特異度を上げたトレンドです。

このトレンドはNicolet One独自のトレンドとなっており、下記のaEEGトレンドと組み合わせてご活用いただくことにより、それぞれのトレンドの特徴を生かし生波形の確認作業の時間を大幅に短縮する事を可能としました。

また、適切なタイミングでの抗けいれん薬投与を可能とし、同時に薬効効果もリアルタイムで確認いただく事が可能となりました。

エンベロープトレンド

 

簡便な脳機能分析を可能としたaEEGトレンド

脳波の振幅変化を圧縮表示することにより、バーストサプレッションや平坦脳波、てんかん発作の認識など脳機能評価をいくつかのパターンで評価する事を可能としたトレンドです。脳機能の専門医でなくともaEEGトレンドを用いる事で脳機能やNCSEを代表とするてんかん発作の有無を評価することが可能となり、TTM(低体温療法など)の治療介入を適切なタイミングで実施する目安として活用されています。

エンベロープトレンド

バーストサプレッション パターン

 

エンベロープトレンド

てんかん発作 パターン

 

脳機能の左右差を視覚的に捉える事を可能としたバンドパワートレンド

TBI(頭部外傷)やSAH(くも膜下出血)など、脳に直接的なダメージを受ける疾患では、しばしば脳機能に左右差が現れる事があります。 バンドパワートレンドは、脳波の周波数成分により色分け表示したトレンドで、脳波のどの成分(α波など)が亢進しているかを視覚的に捉える事ができます。

これにより、脳機能の左右差や周波数成分のバラつきなどをいち早く検出する事ができ、適切な治療に結びつける事を可能としています。

 

エンベロープトレンド

 

便利でデータの信頼性を高める多くの機能を搭載

- 使いやすいプロトコルが既に内蔵され、セットアップも簡単。プロトコルの修正・作成も可能です。

- 操作方法が直感的に判りやすいタッチスクリーン方式を採用しています。

- インピーダンス連続チェックにより、シグナルクオリティを常時モニタリング。チェックが必要な電極を知らせます。

- 生波形EEGデータを本体に保存でき 、モニタリング後にリモンタージュ・リトレンドなどの編集作業が可能です。

- EEGデータを簡単にUSBメモリーなどに取り出す事が可能で、Windows 7等の汎用PCで生波形EEGを閲覧することも可能です。

 

販売名 ニコレーワン
医療機器承認番号 21900BZX01251000

 

購入お問い合わせ

ページトップへ