商品情報

ホーム > 商品情報 > モニタリング > 非侵襲連続心拍出量計 Starling SV

モニタ

Starling SV
Starling SV

バイオリアクタンス法を用いた非侵襲連続心拍出量計

StarlingTM SVは、血流量の変化によって生じる交流電流と電圧の時差(=位相シフト)から1回拍出量(SV)を正確、連続的に測定できる、バイオリアクタンス法を用いた非侵襲連続心拍出量計です。

バイオリアクタンス法とは今までにないユニークな測定方法です。 

胸部のインピーダンスは抵抗成分とリアクタンス成分から構成されています。リアクタンスは交流電流と電圧の間に時差を生じさせ、位相シフトを起こします。広範囲の研究の結果、位相シフトと一回拍出量(SV)は高い相関関係を持つことがわかりました。 正確に、連続的に測定された位相シフトよって、一回拍出量を測定することができます。

Starling SV特徴

■ 測定のための準備は4枚の電極を貼付するだけですのでとても容易に使用することができます。

■ リアルタイムでCI、CO、SVI、SVV、TPR等の重要なパラメータを提供します。

■ 自発呼吸及び人工呼吸時に自発呼吸が混在する患者さんにも使用できます。

■ 測定値は昇圧剤、強心剤等の薬剤やショックの影響を受けません。

■ 輸液管理の指標となるPLR(下肢挙上テスト)及び少量の輸液負荷のプロトコルが内蔵されています。

■ 大型で見易い10.4インチディスプレイ

■ 直観的な操作が可能なタッチパネル

 

主な仕様

モニタ項目

心拍数(HR)

一回拍出量(SV)

一回拍出量変化(SVV)

心室駆出時間(VET)

非観血血圧(NIBP)

血中酸素飽和度(SpO2)

胸郭液体容量(TFC)

心指数(CI)

一回拍出量係数(SVI)

全末梢血管抵抗(TPR)

総末梢血管抵抗指数(TPRI)

心拍出量(CO)

心拍出力(CP)

心拍出力係数(CPI)

酸素運搬量係数(DO2I)

胸部体液容量時間変化(TFCd)

胸部体液容量増加(TFCd0)

寸法、重量

高さ220mm×幅290mm×奥行き190mm 4.3kg

作動モード

デマンドでのバッテリ作動

表示、バッテリー

10.4インチ液晶(タッチパネル)、内蔵バッテリーで最大6時間動作

医療機器承認番号

227ADBZX00071000

購入お問い合わせ

ページトップへ