商品情報

ホーム > 商品情報 > モニタリング > 経皮血液ガスシステム TCM/TOSCA

麻酔器・モニタ

tcmtosca
TCM/TOSCA
耳朶でPCO2、SpO2を同時かつ非侵襲に連続測定
経皮血液ガスシステム TCM4シリーズ

ラジオメーター株式会社との日本国内独占販売契約を締結し、「経皮血液ガスシステムTCMシリーズ TCM/TOSCA」の 販売を開始しました。耳朶等にセンサを装着して経皮的に二酸化炭素(PCO2)・動脈血酸素飽和度(SpO2)を測定し、非侵襲的に呼吸・換気状態を連続評価できる経皮モニターです。

 

PCO2連続測定で、重症COPD患者のQOLが改善

・PCO2トレンドを参考に調整した夜間NIV(非侵襲的換気療法)は、
  日中PaCO2を改善します。

・夜間PCO2は、患者睡眠段階に良く反応し、睡眠関連低換気の
  適切な評価・治療に役立ちます。

 

PCO2測定で、酸素投与したの高二酸化炭素血症を検知

PCO2モニタリングは、特に酸素投与中のCO2貯留時にSpO2モニタリングでは検知に限界がある場合や、NPPV・NIV(非侵襲的換気療法)開始・中断時の換気補助調整を可能にします。

 

[豪州睡眠学会・豪州ニュージーランド胸部学会
  睡眠検査ガイドラインより]

・遷延性睡眠関連低換気の評価にPCO2モニタリングは有用です。
・PCO2モニタリングは夜間、機械的換気補助が適切であるかの確認に役立ちます。
・PCO2モニタリングは病的肥満等の睡眠検査で、例えばREM期に遷延性低換気がある場合の
閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)重症度を定量化できます。

 

換気・血流不均衡のある患者でもPCO2は信頼性があります

換気・血流不均衡があってもEtCO2と違い、PCO2は、経皮的にPaCO2を測定するので影響されません。

このような場合、PCO2は、より正確にPaCO2を反映します。

 

内視鏡施行のPCO2モニタリングでCO2貯留悪化を未然に予防

・意識下鎮静時のERCP(内視鏡的逆行性胆道膵管造影) 施行中、CO2貯留悪化はよくみられる症状で重症化する
ケースもあります。

 

・SpO2モニタリングだけではCO2貯留悪化は検知困難です。

 

測定項目

tcpCO2 (経皮pCO2)、SpO2、脈拍数、センサ加温電力

測定範囲

tcpCO2 5-200mmHg SpO2 0-100% (70-100% ±3)

センサ温度設定

37-44℃ (0.5℃刻み)

気 圧

内蔵気圧計/375-825mmHg  精度/±5mmHg

キャリブレーション

キャリブレーションガス (CO2 7.5% O2 20.9% N2バランス)

ディスプレイ

6.5インチカラータッチTFT、フルVGA(640-480)

周囲温度

5-40℃ (センサを除く)

相対湿度

20-80%

寸  法

幅:30.8×奥行:23×高さ:16 (cm)

重  量

本体:4kg モジュール:0.575kg

電  源

100V 50/60Hz

 

販売名 経皮血液ガスシステムTCM4シリーズ
認証番号 222AABZX00066000

経皮血液ガスシステム 「TCM/TOSCA」 のお問合わせ

購入お問い合わせ

経皮血液ガスシステム TCM4シリーズ のお問合わせ

購入お問い合わせ

ページトップへ