Sites for foreign countries are this.

アイ・エム・アイ株式会社 トップページへ

商品情報

ホーム > 商品情報 > モニタ > ニロモニタ NIRO-200NX DP

モニタ

NIRO-200NX DP

ニロモニタ NIRO-200NX DP

生体に安全な近赤外線を用いて
組織の酸素化状態を非侵襲・連続的に測定

定量性に優れた空間分解分光法(SRS法)と反応性に優れたMBL法。2つの測定原理を用いて、信頼性の高い、より細やかな脳内酸素情報を提供します。

各ヘモグロビンの濃度変化量により、組織の状況がより詳しくわかります

組織酸素飽和度(TOI)が低下した場合、いくつかの原因が考えられます。TOIと同時に各ヘモグロビンの変化をみれば低酸素となった原因への手がかりとなり、その対応をより素早く行うことが可能になります。

  • 酸素化不良
    酸素化が不十分な場合、脳へのヘモグロビン流入量(nTHI、ΔcHb)に大きな変化は見られませんが、酸素化ヘモグロビン(ΔO2Hb)が低下し、反対に脱酸素化ヘモグロビン(ΔHHb)が上昇します。
  • 鬱血
    組織が鬱血状態になると、脳内の脱酸素化ヘモグロビン(ΔHHb)上昇に伴って、総ヘモグロビン量(nTHI、ΔcHb)が増加します。
  • 虚血
    組織が虚血状態となると、脳へのヘモグロビン流入量(nTHI、ΔcHb)が減少します。
測定項目 TOI(%):組織酸素化指標
nTHI:組織ヘモグロビン指標
ΔO2Hb(μmol/L):酸素化ヘモグロビン変化量
ΔHHb(μmol/L):脱酸素化ヘモグロビン変化量
ΔcHb(μmol/L):総ヘモグロビン変化量

NIRO-200NX DPの特徴

より多くの臨床現場でお使いいただけるように、従来型の課題であったサイズを大幅にコンパクトにし、使い勝手もより向上しました。

NIRO-200NXの特徴

■ 用途に合わせ3種類からの画面選択が可能です

従来通りの標準画面のほかにユーザの用途に合わせて、「複合画面」「重ね合わせ画面」の3種類から表示方法を選択することが可能です。

■ タッチパネルと日本語表示で簡単操作

タッチパネルで直観的な操作を実現。日本語ヘルプ画面もとても便利です。

■ とりまわしに優れたディスポーザブルプローブ

柔軟かつ軽量なプローブにより、高い装着性を実現。簡単、かつスピーディに測定が可能です。小型化により装着部位を選ばず、他モニタ(BIS等)との同時装着も可能です。新生児患者にも最適です。

NIRO-200NXの特徴

▲ 左:ディスポーザブルプローブS型、右:ディスポーザブルプローブL型

NIRO-200NXの特徴

■ 多彩なインターフェース

USBメモリへのデータ保存、サブディスプレイへのビデオ出力、intelliBridgeを介したPhilips製モニタでのデータ統合管理など、多彩なインターフェースが更に用途を広げます。

■ 他にも、多くのニーズに対応します

コンパクトなデザインに30分のバッテリを搭載し、様々な場面で活躍します。

販売名 ニロモニタ NIRO-200NX
認証番号 221AFBZX00122000

購入お問い合わせ

ページトップへ