商品ナビ

ハイフローセラピー装置 ComfortAir コンフォートエア「販売開始のお知らせ」

  • 掲載:2018年12月
  • 文責:レスピラトリ・ケア部
ハイフローセラピー装置 ComfortAir コンフォートエア「販売開始のお知らせ」

この度パシフィックメディコ社の取扱商品である【ComfortAir(コンフォートエア)】の日本における総代理店となり、販売開始となりましたことをご案内申し上げます。

ハイフローセラピーは、ネーザルカニューラ等で、吸気流速以上の混合ガス(酸素と空気)を流すことで、従来の酸素療法と比べて酸素化の改善が素早く図れるので、ここ数年で飛躍的に普及した呼吸療法です。

使用における選択の位置づけは以下のようになりますが、NPPVに比べ、鼻カニューラを使用するためQOLの改善、簡便性などに優れています。

【ComfortAir】は、ブロワ、加温加湿器が一体となったハイフローセラピー専用器です。一体型になったことで、院内、在宅など様々な場面で使用が可能となりました。

また以下の特徴を有しています。

  • 国内開発
  • 3インチTFT液晶パネルによる日本語表示
  • 操作性に優れたダイヤル

主な仕様は以下の通りです。

流量 成人:10~60L/min
小児:2~25L/min
温度 L:31〜33℃
M:34〜35℃
H:36〜38℃
モニタ 酸素濃度 21〜95 %
アラーム フロー異常、呼吸回路 外れ/閉塞、酸素濃度 上限/下限、酸素センサ異常、
加温加湿チャンバ異常、水位低下、ブロワ異常、ヒータープレート異常、
ヒーターワイヤ異常、温度プローブ異常、電源異常
規格 ISO 8185、IP21
環境仕様 作動温度 18~28℃
保管温度 −20~60℃
作動相対湿度 30~70%
保管相対湿度 10~95%

【ComfortAir】が新たにアイ・エム・アイ株式会社の呼吸器商品群に加わり、急性期から慢性期、院内、在宅と一段と幅広く商品、サービスをご提供できることになりました。

更なる商品拡充を努め、皆様にご提供できる体制を整えて参りたいと思います。

[ ComfortAir コンフォートエア ] お問い合わせはこちらから

関連記事

関連記事はありません。

イベントスケジュール

アイ・エム・アイ株式会社 IMI.Co.,Ltd

このページは、医療関係者の方へ弊社の販売する商品・サービスに関連する情報をご提供することを目的として作成されております。 一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?
TOPへ