セミナー情報

第46回日本集中治療医学会学術集会 教育セミナー「嵐の目の中へ:瞳孔計による脳幹の危険状態評価」告知

  • 掲載:2019年02月
  • 文責:クリティカル・ケア部
第46回日本集中治療医学会学術集会 教育セミナー「嵐の目の中へ:瞳孔計による脳幹の危険状態評価」
日時 : 2019年3月3日(日)12:40~13:40
会場 : 第2会場 国立京都国際会館 2F Room A
演者 :

ステファン メイヤー先生

Stephan A. Mayer

アメリカ ヘンリーフォード ヘルスシステム 神経学講座

Chair, Department of Neurology, Henry Ford Health System

座長 :

永山 正雄

国際医療福祉大学大学院医学研究科神経内科学 教授
国際医療福祉大学熱海病院 副院長

抄録 :

※pdfが開きます(619KB)

この度、2019年3月1日(金)~3日(日)に開催されます第46回日本集中治療医学会学術集会(会長:京都府立医科大学付属病院 集中治療部 橋本 悟先生)において、教育セミナーを共催させていただくこととなりました。

神経集中治療が必要な患者さんに対して正確な脳幹の危険状態評価を行うことは、非常に重要です。

今回、ヘンリーフォードヘルスシステム 神経科部長のステファン メイヤー先生をお招きし、デジタル瞳孔測定は、正確な脳幹危険状態の評価を行い、心停止後の神経メカニズムの損傷に対する明確な指標となりうる可能性につき、ご講演頂くこととなりました。

メイヤー先生の前職は、ニューヨーク コロンビア大学神経科・脳神経外科教授を務められた後、マウント・シナイ病院神経集中治療部長、アイカーン医科大学で集中治療部を創設、2009年~2011年にNeurocritical Care Societyの会長を務められるなど米国神経集中治療界の重鎮です。

また、学会中、3月2日には海外招請講演として、「Neurocritical care 2019: Recent advances and future frontiers」において、神経集中治療全般の2019年の見通しを話されるなど、この領域を世界的にリードされておられます。

当セミナーでは、頭蓋内圧の上昇と低下と共に、心停止後の予後からヘルニア状態をモニタリングし、傾向を示す上でのデジタル瞳孔測定の能力を示すデータを提示されます。

ヨーロッパでの多施設共同研究の最新報告を中心に、神経集中治療において重要な脳幹評価についての幅広い考察も行われます。

学会ご参加のみなさま方におかれましては、ぜひご聴講いただきますようご案内申し上げます。

イベントスケジュール

アイ・エム・アイ株式会社 IMI.Co.,Ltd

このページは、医療関係者の方へ弊社の販売する商品・サービスに関連する情報をご提供することを目的として作成されております。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?
TOPへ