セミナー情報

第31回日本臨床モニター学会総会 教育講演
「新しい脳酸素モニターの可能性」告知

  • 掲載:2020年10月
  • 文責:クリティカル・ケア部
第31回日本臨床モニター学会総会 教育講演<br>「新しい脳酸素モニターの可能性」

第31回日本臨床モニター学会総会(会長:横田美幸先生 がん研究会有明病院副院長、麻酔科部長)は、当初、2020年4月に、がん研究会有明病院・吉田記念講堂に於いて開催予定でしたが、今般のCOVID-19を鑑み、会期が変更され、オンラインにて、2020年11月21日(土)~22日(日)に開催されます。

本学会総会において、教育講演を共催させて頂くことになりましたので、ご案内申し上げます。

教育講演
演題 :

新しい脳酸素モニターの可能性

視聴期間 : 2020年12月10日(木)~2021年3月10日(水)
演者 :

末盛 智彦 先生
自治医科大学とちぎ子ども医療センター
小児手術・集中治療部講師

共催 :

浜松ホトニクス株式会社
アイ・エム・アイ株式会社

抄録 :

※pdfが開きます(137KB)

末盛 智彦 先生 ご略歴
1999年: 岡山大学医学部卒業、岡山大学医学部附属病院麻酔科研修医
2004年: 岡山大学医学部附属病院麻酔部医員
2010年: 岡山大学病院集中治療部助教
2013年: 川崎医科大学麻酔集中治療科講師
2013年: メルボルンMurdoch Children’s Research Institute 留学
2015年: 岡山大学病院麻酔科助教
2018年: 自治医科大学麻酔科講師
専門領域: 心臓麻酔、小児麻酔、集中治療

今回の教育講演では、【新しい脳酸素モニターの可能性】と題し、末盛先生(自治医科大学とちぎ子ども医療センター小児手術・集中治療部講師)にご講演頂きます。

近赤外線分光法(Near Infra-Red Spectroscopy、以下「NIRS」)は、非侵襲的に組織の酸素化や循環・灌流状態を測定するモニターとして、各診療領域で多く使用されています。中でも、日本心臓血管麻酔学会から[心臓血管麻酔における近赤外線脳酸素モニターの使用指針(2017年)]が公開されたことは記憶にも新しく、また、平成30年度診療報酬改定において[動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈に限る)又は人工心肺を用いる心臓血管手術中、術中脳灌流モニタリングとして、1,000点の加算(区分番号K609)]が認められました。

NIRSモニターは、臨床において長く使用され、多くの有用性を示した報告がされてきましたが、現在のNIRSモニターが抱える2つの課題として[測定精度][解釈の難しさ]が挙げられます。

1つ目の課題 [測定精度]

NIRSモニターの照射部が発する近赤外線は、組織内で散乱、吸収を繰り返し、検出部に到達します。検出部に到達した近赤外線量によって、組織酸素飽和度や組織Hb濃度が導かれますが、生体内の散乱の程度や、吸収度合いは、生体個々によって異なり、また、測定部位の形状やプローブの装着状態にも影響を受けます。

本来、NIRSにおいて、組織酸素飽和度や組織Hb濃度を導く理論方程式には、この散乱係数、吸収係数が不可欠なのですが、現在使用される主なNIRSモニター(空間分解分光法:SRS法やModified Beer-Lambert法:MBL法を用いるNIRSモニター)では、この散乱係数、吸収係数を計測できないため、散乱係数、吸収係数を[一定の係数]として扱っています。これが、SRS法やMBL法の[測定精度]の限界要因となっています。

SRS法やMBL法の場合、組織酸素飽和度や組織Hb濃度の絶対値評価、個体差評価は難しいものの、術中脳灌流モニタリングは個の変化を観察することが主たる目的となりますので、術中脳灌流モニタリングに【定性的】変化が観察可能なSRS法やMBL法を用いたNIRSモニターを使用することは理に適っています。

2つ目の課題 [解釈の難しさ]

一般的に、脳組織酸素飽和度の低下は、脳虚血や脳低灌流を示すと考えられる傾向がありますが、実際には、静脈うっ血などの全く異なる病態を反映していることもあります。脳組織酸素飽和度の測定だけでは、その原因(脳虚血、脳低灌流、静脈うっ血)を鑑別することはできません。そのため、脳組織酸素飽和度の測定だけでは、低下を検出できても、対処法を誤る可能性があります。

浜松ホトニクス社製NIRO-200NXでは、TOI(組織酸素飽和度)と共に、O2Hb(酸素化ヘモグロビン)、HHb(脱酸素ヘモグロビン)、cHb(総ヘモグロビン)の変化量を測定しており、TOIの低下が生じた際、その原因(脳虚血、脳低灌流、静脈うっ血)を鑑別することが可能です。


ニロモニタ NIRO-200NX


クリックで拡大 》

本講演の演者である末盛先生は、メルボルン留学中、文献[Cerebral oxygen saturation and tissue hemoglobin concentration as predictive markers of early postoperative outcomes after pediatric cardiac surgery.(小児心臓手術後の早期術後転帰の予測マーカーとしての脳酸素飽和度と組織Hb濃度)]※1、並び、[Changes in cerebral oxygen saturation and haemoglobin concentration during paediatric cardiac surgery.(小児心臓手術中の脳酸素飽和度とHb濃度の変化)]※2を執筆しておられます。

※2の文献では、小児心臓手術を受けた399人の患者を対象とし、NIRO-200NXを用い、手術前後の組織酸素指数(TOI)で表される脳酸素飽和度、酸素化ヘモグロビン濃度変化(ΔO2Hb)、及び脱酸素化ヘモグロビン濃度変化(ΔHHB)を観察し、下記のように報告されておられます。

  • TOIは、手術後に低下し(術前値と術後値、66.0%[56.9-71.3%]対63.2%[54.3-69.4%]、P<0.001)、先天性心臓手術リスクカテゴリー(RACHS-1)のリスクカテゴリーの高い群ほどTOIの低下が大きい
  • HHbは、術後、ベースラインから上昇し(+1.74μmol/L[-1.57、+5.84]、P<0.001)、リスクカテゴリーの高い群ほどHHbの上昇幅が大きい
  • 逆に、HbO2の変化は認められなかった(+0.45μmol/L[-4.76、+5.30]、P=0.42)
  • TOIは、小児心臓手術後に低下し、TOIの低下は高リスク群の患者で大きく、HHbの増加は、特に高リスク群に指摘されている脱酸素化において、主要な役割を果たすと考えられる

また、弊社では、NIRO-200NXと併せて、[時間分解分光法:Time Resolved Spectroscopy (以下「TRS法」)]を用いた浜松ホトニクス社製非侵襲脳酸素モニタ tNIRS-1の販売をしております。TRS法は、1.5 ns(1ns=10億分の1秒)の短パルス光を照射することで散乱係数、吸収係数が異なる組織下でも、酸素化Hb濃度、脱酸素化Hb濃度を【定量的】に測定することを特徴としています。

測定項目に脳組織酸素飽和度だけでなく、Hb濃度が加わることによって、脳内で起きている血行動態の変化を、より詳しく判断できる可能性をもたらします。また、【定量的】測定であることから、再現性に優れ、患者間の比較や、経日観察も可能です。


非侵襲脳酸素モニタ tNIRS-1


クリックで拡大 》

本講演では、新旧のNIRSモニターについての解説、新しいNIRSモニター(非侵襲脳酸素モニタ tNIRS-1)の知見、活用方法、可能性について、ご講演頂ける予定です。

皆様には、是非、ご視聴賜りますようお願い申し上げます。また、学会ホームページから弊社商品PR動画も配信しておりますので、併せてご視聴いただけましたら幸いです。

第31回 日本臨床モニター学会総会 ※外部サイトが開きます


脚注

  • ※1 Suemori T, Skowno J, Horton S, Bottrell S, Butt W, Davidson AJ. Cerebral oxygen saturation and tissue hemoglobin concentration as predictive markers of early postoperative outcomes after pediatric cardiac surgery(小児心臓手術後の早期術後転帰の予測マーカーとしての脳酸素飽和度と組織ヘモグロビン濃度). Paediatr Anaesth. 2016 Feb;26(2):182-9. doi: 10.1111/pan.12800. Epub 2015 Dec 1. PMID: 26619804.
  • ※2 Suemori T, Horton SB, Bottrell S, Skowno JJ, Davidson A. Changes in cerebral oxygen saturation and haemoglobin concentration during paediatric cardiac surgery(小児心臓手術中の脳酸素飽和度とヘモグロビン濃度の変化). Anaesth Intensive Care. 2017 Mar;45(2):220-227. doi: 10.1177/0310057X1704500212. PMID: 28267944.

アイ・エム・アイ株式会社 IMI.Co.,Ltd

このページは、医療関係者の方へ弊社の販売する商品・サービスに関連する情報をご提供することを目的として作成されております。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?
TOPへ