セミナー情報

第51回日本集中治療医学会学術集会 教育セミナー(ランチョン)45「重症患者の眠りを考えよう!」

  • 掲載:2024年02月
  • 文責:在宅・睡眠事業推進室
第51回日本集中治療医学会学術集会 教育セミナー(ランチョン)45「重症患者の眠りを考えよう!」

2024年3月14日(木)~3月16日(土)に、第51回日本集中治療医学会学術集会(会長:升田 好樹先生 札幌医科大学医学部 集中治療医学 教授)が開催されます。

会期最終日の3月16日(土)に、「教育セミナー(ランチョン)45」を第51回日本集中治療医学会学術集会と共催させていただくこととなりました。

教育セミナー(ランチョン)45
開催日時 : 2024年 3月16日 (土) 12:00~13:00
会場 : 第19会場 ニューオータニイン札幌 北斗の間
演題 :

重症患者の眠りを考えよう!

講演① :

「PADIS の「S」を評価する
〜スリーププロファイラー2 LE RTA 〜」
丹保 亜希仁 先生
旭川医科大学 救急医学講座 准教授

講演② :

「快適な睡眠環境の構築と患者ケア向上
〜ICU における睡眠へのアプローチ〜」
春名 純平 先生
札幌医科大学附属病院ICU 病棟 急性・重症患者看護専門看護師
札幌医科大学医学部 集中治療医学 博士研究員

座長 :

升田 好樹 先生
札幌医科大学医学部 集中治療医学 教授

共催 :

第51回日本集中治療医学会学術集会

アイ・エム・アイ株式会社

学会公式
サイト :

https://www.jsicm.org/meeting/jsicm51/

チラシ :

※pdfが開きます(1MB)

本セミナーでは、座長に升田先生(札幌医科大学)、演者に丹保先生(旭川医科大学)、春名先生(札幌医科大学附属病院)をお迎えし睡眠ステージの客観的評価から適切な介入や睡眠ケアについてご講演いただきます。

近年、ICUにおける睡眠の質の改善及び睡眠評価が注目されています。
睡眠評価は、「客観的評価」と「主観的評価」に分類でき、客観的評価の方法は[睡眠ポリグラフ検査(PSG)]と大がかりな検査になることから、ICUでは主観的評価が主流になっています。

睡眠評価装置スリーププロファイラー2 LE RTAは、簡単に装着でき、小型軽量ながら、リアルタイムで客観的に睡眠評価を行うことができます。
ICUで主流の主観的評価に、客観的評価を加えることで、より多くの情報から解析ができ、睡眠障害改善の一助となる可能性があります。


クリックで拡大 》

本セミナーは事前申込制です。
お弁当をご用意いたしますが、数に限りがございますのでご了承ください。
当日券はございませんが、お弁当や座席に余裕があればご入場いただけます。

オンライン参加登録はこちらです

事前申込期間:2024年2月1日(木)~3月上旬予定 ※定員に達し次第終了します

  • 参加登録時に「教育セミナー(ランチョン)45」をご選択ください。
  • ネームカードに申込済セミナー名が印字されますので、入場時にご提示ください。
  • セミナーの事前申込はセミナー開始後に無効となる予定です。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

関連記事

関連記事はありません。

アイ・エム・アイ株式会社 IMI.Co.,Ltd

このページは、医療関係者の方へ弊社の販売する商品・サービスに関連する情報をご提供することを目的として作成されております。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?
TOPへ