特別企画

「赤外線蛍光観察に関連する文献」のご紹介

  • 掲載:2019年04月
  • 文責:クリティカル・ケア部
「赤外線蛍光観察に関連する文献」のご紹介

赤外観察カメラpde-neo 等の赤外線カメラでインドシアニングリーン(以下:ICG)の赤外線領域の蛍光を観察することができます。 生命科学や生物医学に関する参考文献や要約を掲載するMEDLINEなどへの無料検索エンジンである「PUBMED」等では「ICG」、「Fluorescence」で検索を行うと、1500本以上の論文が抽出され、ICGを用いた術中の蛍光Navigation は様々な診療科、目的にて臨床応用されています。

今回は、多数ある論文の中から、「血管及び組織の血流評価」、「乳癌センチネルリンパ節」についての、システマティックレビュー及び、メタアナリシスをご紹介いたします。


    |血管及び組織の血流評価|

  • Indocyanine green for the prevention of anastomotic leaks following esophagectomy: a meta-analysis.
    著者:Ladak F, Dang JT, Switzer N, Mocanu V, Tian C, Birch D, Turner SR, Karmali S.
    出典:Surg Endosc. 2019 Feb;33(2):384-394.
  • Application of Indocyanine Green in Flap Surgery: A Systematic Review.
    著者:Li K, Zhang Z, Nicoli F, D’Ambrosia C, Xi W, Lazzeri D, Feng S, Su W, Li H, Ciudad P, Tremp M, Zhang YX.
    出典:J Reconstr Microsurg. 2018 Feb;34(2):77-86.
  • Near-Infrared Fluorescence Imaging for Real-Time Intraoperative Guidance in Anastomotic Colorectal Surgery: A Systematic Review of Literature.
    著者:van den Bos J, Al-Taher M, Schols RM, van Kuijk S, Bouvy ND, Stassen LPS.
    出典:J Laparoendosc Adv Surg Tech A. 2018 Feb;28(2):157-167.
  • Intraoperative use of ICG fluorescence imaging to reduce the risk of anastomotic leakage in colorectal surgery: a systematic review and meta-analysis.
    著者:Blanco-Colino R, Espin-Basany E.
    出典:Tech Coloproctol. 2018 Jan;22(1):15-23.
  • Near-infrared fluorescence image-guidance in plastic surgery: A systematic review.
    著者:Cornelissen AJM, van Mulken TJM, Graupner C, Qiu SS, Keuter XHA, van der Hulst RRWJ, Schols RM.
    出典:Eur J Plast Surg. 2018;41(3):269-278.
  • Indocyanine green fluorescence angiography for intraoperative assessment of gastrointestinal anastomotic perfusion: a systematic review of clinical trials.
    著者:Degett TH, Andersen HS, Gögenur I.
    出典:Langenbecks Arch Surg. 2016 Sep;401(6):767-75.
  • |乳癌センチネルリンパ節|

  • Sentinel lymph node biopsy using indocyanine green fluorescence in early-stage breast cancer: A meta-analysis.
    著者:Sugie T, Ikeda T, Kawaguchi A, Shimizu A, Toi M.
    出典:Int J Clin Oncol. 2017 Feb;22(1):11-17.

[その他の文献はこちら]

イベントスケジュール

アイ・エム・アイ株式会社 IMI.Co.,Ltd

このページは、医療関係者の方へ弊社の販売する商品・サービスに関連する情報をご提供することを目的として作成されております。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?
TOPへ