特別企画

日本麻酔科学会より「安全な麻酔のためのモニター指針」が改訂されました。

  • 掲載:2019年05月
  • 文責:クリティカル・ケア部
日本麻酔科学会より「安全な麻酔のためのモニター指針」が改訂されました。

日本麻酔科学会より「安全な麻酔のためのモニター指針」の改訂が行われましたのでお知らせいたします。
筋弛緩のチェックについての部分では、以下のような変更になっております。

2014年 改訂版
「筋弛緩モニターは必要に応じて行うこと。」

2019年 改訂版
「筋弛緩薬および拮抗薬を使用する際には、筋弛緩状態をモニタリングすること。」

全文は日本麻酔科学会ホームページの「指針・ガイドライン」の項で確認することが可能です。

これまで、筋弛緩状態をモニタリングする際には、センサーと電極の装着や継続的モニタリングの困難さ、体位による制限など様々な問題が有りました。それらを解決するべく「 TOF-cuff 筋弛緩モニタ 」は開発されました。
レンタルによるご使用も可能です。筋弛緩モニタをご検討の際は、【お問い合わせ】からご相談ください。

イベントスケジュール

アイ・エム・アイ株式会社 IMI.Co.,Ltd

このページは、医療関係者の方へ弊社の販売する商品・サービスに関連する情報をご提供することを目的として作成されております。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?
TOPへ