特別企画

新人看護師さんの教育研修にお役立てください「体温管理テキストブック」のご紹介

新人看護師さんの教育研修にお役立てください「体温管理テキストブック」のご紹介

  • 掲載:2019年03月
  • 文責:クリティカル・ケア部

弊社では[体温管理]のテキストブックをご提供しています。是非、院内研修にご活用ください。……

「Neuroモニタリング倶楽部」のご紹介

「Neuroモニタリング倶楽部」のご紹介

  • 掲載:2019年03月
  • 文責:クリティカル・ケア部

[Neuroモニタリング倶楽部]は、持続脳波測定、aEEG、瞳孔記録計(NPi-200)などの【神経モニタリング】をはじめ、【脳神経蘇生】【神経集中治療】に関す……

2018年の注目記事は?「WEBマガジン・int」記事ランキング

2018年の注目記事は?「WEBマガジン・int」記事ランキング

  • 掲載:2019年01月
  • 文責:顧客サービス推進部

いつも本webサイト「int」ならびに、アイ・エム・アイメールマガジンをご愛読いただき、誠にありがとうございます。本記事では2018年、本サイトへのアクセス数か……

人工呼吸器のヒヤリ・ハット事例

人工呼吸器のヒヤリ・ハット事例

  • 掲載:2018年11月
  • 文責:安全管理・技術センタ

公益財団法人 日本医療機能評価機構(JQ)では、医療事故収集等事業として、医療機関で発生した医療事故情報、ならびにヒヤリ・ハット事例の情報収集を行っており、その……

2018年上半期の注目記事は?「WEBマガジン・int」記事ランキング

2018年上半期の注目記事は?「WEBマガジン・int」記事ランキング

  • 掲載:2018年08月
  • 文責:顧客サービス推進部

本記事では2018年1月~6月までの、本サイトへのアクセス数からランキングが急上昇した注目記事と、上半期中を通じてアクセス数が高かった記事をご紹介させていただき……

雷シーズン到来で、気をつけておきたいこと

雷シーズン到来で、気をつけておきたいこと

  • 掲載:2018年07月
  • 文責:顧客サービス推進部

今年も雷の季節がやってきました。 雷による被害のうち、特に増加傾向にあるのが、通信線などで接続されたコンピューターをはじめとした電子機器への被害です。 落雷……

2017年の注目記事は?「WEBマガジン・int」記事ランキング

2017年の注目記事は?「WEBマガジン・int」記事ランキング

  • 掲載:2018年02月
  • 文責:顧客サービス推進部

本記事では2017年を振り返り、本サイトのアクセス数からランキングが急上昇した注目記事と年間を通じてアクセス数が高かった記事をご紹介させていただきます。……

人工呼吸器と併用する加温加湿器の取り扱い  ―ヒヤリ・ハット報告事例―

人工呼吸器と併用する加温加湿器の取り扱い ―ヒヤリ・ハット報告事例―

  • 掲載:2015年09月
  • 文責:安全管理・技術センタ

近年、加温加湿器の進歩と共にヒヤリ・ハットの件数は減少傾向にありましたが、これまで報告のなかった新たな事例も報告され始めています。人工呼吸器等と併用される「加温……

デブリーフィング テクニック

デブリーフィング テクニック

  • 掲載:2013年11月
  • 文責:救急・教育部

聞きなれぬ言葉ですが、シミュレーション教育では頻繁に使われる言葉です。また、シミュレーション教育でどうのような意味を持つのでしょうか?元英国看護大学教官であり、……

蘇生バッグを安全にお使いいただくために

蘇生バッグを安全にお使いいただくために

  • 掲載:2013年04月

昨年4月のインシデントおよび公益財団法人日本医療機能評価機構のインシデント報告により、各医療機関だけでなく、厚生労働省・独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PM……

人工呼吸器フローセンサの取扱い

人工呼吸器フローセンサの取扱い

  • 掲載:2013年02月
  • 文責:安全管理サービス

このようなケースありませんか?ネブライザの薬剤がフローセンサ内部へ残留し、多くの汚れが付着した。この状態で使用を継続していたため、フローセンサへの負荷が増加し ……

高機能患者シミュレータで脳死の生理モデルを利用したユニークなトレーニング

高機能患者シミュレータで脳死の生理モデルを利用したユニークなトレーニング

  • 掲載:2012年10月

OneLegacyは、米国において最も大きな臓器調達機関(Organ Procurement Organization:OPOs)の一つである。そして最も大胆な……

パラグアイからのお便り

パラグアイからのお便り

  • 掲載:2012年09月

昨年12月初旬、JICA青年海外協力隊員の一員として、パラグライでご活躍される看護師の井口さんから、弊社宛にアンブ蘇生バッグSPUR、レスキューマスクについてご……

アンブ社製蘇生バッグ安全使用のための日常管理

アンブ社製蘇生バッグ安全使用のための日常管理

  • 掲載:2012年05月

蘇生バッグはその構造上、組み立て方法を一部でも誤ると、適切に換気ができなくなる可能性があります。そこで今回は、蘇生バッグを安全にご使用いただくための日常管理のポ……

東日本大震災後の被災地復興レポート

  • 掲載:2012年03月
  • 文責:仙台顧客サービスセンタ

大きく長い揺れ、直ぐに起きた大規模停電及び信号のマヒによる大渋滞、高速道路は通行止めになり、一般道路も至るところに陥没や亀裂が走りました。その後しばらく続いた不……

シミュレーション教育履修が必須化 ― 米国麻酔専門医資格更新制度

シミュレーション教育履修が必須化 ― 米国麻酔専門医資格更新制度

  • 掲載:2012年01月
  • 文責:救急教育部

そのキャリアを通じて、麻酔専門医の専門性並びに最新知識を担保すべく定められたのがMOCA(Maintenance of Certificate in Anest……

体温管理機器 日常管理のポイント ~ ヒヤリ・ハット事例をふまえて ~

体温管理機器 日常管理のポイント ~ ヒヤリ・ハット事例をふまえて ~

  • 掲載:2011年12月

医療事故情報ならびにヒヤリ・ハット事例の最新情報が公開されております。 今回は、体温管理機器に関連するヒヤリ・ハット事例をご紹介いたします。ご参考いただき、医療……

アジア看護シミュレーション事情 ~興隆するアジアのシミュレーション・センターの今!~

アジア看護シミュレーション事情 ~興隆するアジアのシミュレーション・センターの今!~

  • 掲載:2011年11月
  • 文責:救急・教育部

2011年10月、アジアで初めての看護シミュレーション・コンフェレンスが開催されました。会場はマレーシアの首都クアラルンプール南東約80kmに位置するニライ大学……

医療用ガスボンベの取り違え防止に関するご案内

医療用ガスボンベの取り違え防止に関するご案内

  • 掲載:2011年09月

厚生労働省から「酸素ボンベと二酸化炭素ボンベの取り違えに起因する健康被害の防止対策の徹底について」と題した通知が出されました。また、社団法人日本臨床工学技士会等……

ルンド大学病院訪問&国際脳機能新生児モニタリングフォーラム参加

  • 掲載:2011年03月

  去る2011年2月8日にスウェーデン南部に位置するルンド大学を訪問しました。こちらの病院は新生児脳波モニタリングの ……

平成21年 医療事故、ヒヤリ・ハット事例の紹介

平成21年 医療事故、ヒヤリ・ハット事例の紹介

  • 掲載:2011年01月

先般、財団法人 日本医療機能評価機構(JCQHC)より、平成21年1月1日~12月31日までに医療機関より報告されたヒヤリ・ハット事例、および医療事故情報の報告……

気体の状態による体積(換気量)の変化について

  • 掲載:2010年09月

人工呼吸器の吸気ガスは、加温加湿器のチャンバを通って加温加湿されると体積が増えることをご存知でしょうか。今回は、人工呼吸器を語るうえで切っても切れない、気体の状……

安全管理教育プログラム [ケース:九州保健福祉大学]

  • 掲載:2010年09月

安全管理教育として”シミュレーション教育”を実施されている施設の皆様、教育プログラムはどのような内容にされていますでしょうか。今回、プログラム例として九州保健福……

電池(バッテリー)のお話

電池(バッテリー)のお話

  • 掲載:2010年07月

電池、バッテリーは、医療機器のバックアップ電源としても利用されており、弊社取り扱い機器においても、VELA、AVEA、レジェンドエア、TOSCA、Daisyなど……

新型H1N1ウイルスを持った患者に対するHFOV

新型H1N1ウイルスを持った患者に対するHFOV

  • 掲載:2010年04月

インフルエンザAウイルスは新しいものではなく、実際のところ人間にとって最も一般的なウイルスである。H1N1菌株もまた極めて一般的であり、人間において常在流行して……

第5回 国際新生児脳機能モニタリング研究会に参加して

第5回 国際新生児脳機能モニタリング研究会に参加して

  • 掲載:2010年02月

2010年で数えること5回目を迎えた本研究会であるが、設立当初は当時ヨーロッパを中心に話題となっていたaEEGを主に取り上げた会議であり、新生児脳機能モニタリン……

人工呼吸器 アラームの適正設定について

  • 掲載:2009年06月

前回、「人工呼吸回路 ウォータートラップの取り扱いについて」と題し、ウォータートラップの外れや、リークについてご案内させて戴きました。今回は、これら呼吸回路のリ……

デューク大学 ICU人工呼吸器プロトコール

  • 掲載:2009年06月

  Duke University Hospitalはアメリカ合衆国、ノースカロライナ州にある大学附属病院です。……

PICU人工呼吸管理プロトコール

  • 掲載:2009年05月
  • 文責:レスピラトリ・ケア部

原典:”PICU Ventilator Management Protocol” Duke University Hospital Department ……

人工呼吸回路ウォータートラップの取扱いについて

人工呼吸回路ウォータートラップの取扱いについて

  • 掲載:2009年03月

この度、厚生労働省医薬食品局安全対策課より『人工呼吸器回路内のウォータートラップの取扱いに関する医療事故防止対策について(依頼)(薬食安発第0305001号、平……

呼吸管理中のトラブルと注意事項

呼吸管理中のトラブルと注意事項

  • 掲載:2009年02月

今回は、ヒヤリ・ハット事例を未然に防ぐと共に、安全に安心してご使用いただくための、一般的な点検、準備、注意について紹介しますので、院内の呼吸管理にお役立てくださ……

Helioxの治療上の利点と臨床的な問題点について

Helioxの治療上の利点と臨床的な問題点について

  • 掲載:2008年10月
  • 文責:人工呼吸器部

Helioxとはヘリウムと酸素の混合ガスです。実はHelioxは気道抵抗の高い患者様に対して低い気道内圧で換気がおこなえるという利点を持っています。ヘリウムは分……

ヒヤリ・ハット事例から学ぶ

ヒヤリ・ハット事例から学ぶ

  • 掲載:2008年09月

財団法人日本医療機能評価機構(JCQHC)より、医療事故情報収集事業平成19年年報が公開されました。対象期間中のヒヤリ・ハット事例は全国の240病院から、20万……

ヨーロッパ麻酔学会訪問記

ヨーロッパ麻酔学会訪問記

  • 掲載:2008年06月

2008年5月31日~6月2日の3日間、デンマーク、コペンハーゲンでヨーロッパ麻酔学会(ESA European Society of Anaesthesiol……

ボストン小児病院訪問記

ボストン小児病院訪問記

  • 掲載:2008年06月

米国マサチューセッツ州ボストンにあるボストン小児病院を訪問し、院内を見学させて頂きましたのでご報告します...……

Kees H.Polderman先生のArctic Circle

Kees H.Polderman先生のArctic Circle

  • 掲載:2008年06月

ユトレヒト大学メディカルセンター集中治療部准教授兼シニアコンサルタントPolderman先生が解説する「体温測定部位について:テクニカルな及び測定における諸問題……

シンガポールの医療政策と医療教育事情

シンガポールの医療政策と医療教育事情

  • 掲載:2008年06月

「今後数年間で海外から100万人以上の外国人患者を受け入れる」。もし、日本でそんな事を言い出したら、どうでしょうか?皆さんは狂気の沙汰と思われますか?……

シミュレータを取り入れた実習 Reflective Learningの施行

シミュレータを取り入れた実習 Reflective Learningの施行

  • 掲載:2008年03月
  • 文責:クリティカル・ケア部

HPSN08には1200人以上の患者シミュレータに関わる人達が訪れ120を超えるワークショップが2日目より3日間、14の会場に分かれて...……

人工呼吸器トラブルのコラム

人工呼吸器トラブルのコラム

  • 掲載:2008年01月

人工呼吸器のトラブル原因は大きく分けて機器側の問題と使用上の問題の2つに分類されます。機器側の問題について、その機器の設計、製造上などの根本的な要因を除いた場合……

米国麻酔学会(American Society of Anesthesiologists)

米国麻酔学会(American Society of Anesthesiologists)

  • 掲載:2007年11月

2007年5月18日~5月23日、米国カリフォルニア州サンフランシスコ市で開催された米国胸部疾患学会(ATS 2007)に参加しました ...……

アイ・エム・アイ株式会社 IMI.Co.,Ltd

このページは、医療関係者の方へ弊社の販売する商品・サービスに関連する情報をご提供することを目的として作成されております。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?
TOPへ