商品ナビ

人工呼吸器 MONNAL T60 ベンチレータ CPVモード

  • 掲載:2017年12月
  • 文責:レスピラトリ・ケア部
人工呼吸器 MONNAL T60 ベンチレータ CPVモード

この度、MONNAL T60ベンチレータの新モードとして、CPV(Cardio Pulmonary Ventilation) モードの販売を12月25日(月)に開始することとなりましたのでお知らせいたします。

CPVモードとは?

胸骨圧迫(CPR)中にベンチレータで継続的に換気を行う新しいモードです。 従来のベンチレータは胸骨圧迫による気道内圧の上昇を自発呼吸と感知してしまい(オートトリガ)、上手く換気を行うことができませんでした。 また、ベンチレータによっては、気道内圧の上昇が設定吸気圧以上に達すると呼気に転換する、または設定吸気圧に保つためガスをリリースする、という動作をするため、胸骨圧迫のエネルギーが心臓に伝わりにくくなっています。

これに対し、MONNAL T60のCPVモードでは、
  • ●胸骨圧迫中はトリガOFFで圧制御換気を継続、気道内圧の数値変化から胸骨圧迫回数をカウント
  • ●設定吸気圧以上の気道内圧を許容するプログラム (ピーク圧上限値では呼気に転換)
  • ●挿管・非挿管のどちらでも使用可能

などの特徴により、ストレスなく胸骨圧迫中に使用することができます。

ホーム画面(赤枠は[CPVモードアクセス]キー)

ホーム画面の[CPVモードアクセス]キーを押すだけでCPVモードは開始され、胸骨圧迫に特化した測定パラメータが表示されます。

CPVモード画面(赤枠は[ROSC]キー)</@>

【 CPV測定パラメータ 】

・fCC
:胸骨圧迫回数
・noCC
:胸骨圧迫中断時間
・タイマー
:CPVモード作動時間
・P-P

:胸骨圧迫により発生した、PEEPレベルからの気道内圧の上昇数値

・EtCO2

:オプションのカプノメータ使用時に表示

・VTi
:吸気1回換気量

ROSCフェーズ画面(赤枠は[CPV]キー)

患者さんの自己心拍が再開した場合は、 [ROSC]キーを押すだけでPCVに移行(ROSCフェーズ)するため、換気を中断させる必要がありません。

[CPV]キーを押すと、CPVモードに戻ることができます。

CPVモード イメージ動画 公開中

イベントスケジュール

アイ・エム・アイ株式会社 IMI.Co.,Ltd

このページは、医療関係者の方へ弊社の販売する商品・サービスに関連する情報をご提供することを目的として作成されております。 一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?
TOPへ