セミナー情報

第47回 日本救急医学会総会・学術集会 IMIブースセミナーのご報告

  • 掲載:2019年11月
  • 文責:レスピラトリ・ケア部
第47回 日本救急医学会総会・学術集会 IMIブースセミナーのご報告
開催日 : 2019年10月2日(水)・3日(木)
会場 : 東京国際フォーラム 展示ホール ブースNo.26
演者 :
【セミナー①】

意外と知らない!? 心肺蘇生時の経肺圧
島崎 淳也 先生
大阪大学医学部附属病院 高度救命救急センター 助教

【セミナー②】

アクションカードを用いた質の高いCPRの実践
淺井 英樹 先生
奈良県立医科大学附属病院 高度救命救急センター 助教

【セミナー③】

心肺蘇生時における現状と課題
~ベンチレータとカプノメータの有効な活用方法~

久野 将宗 先生
日本医科大学多摩永山病院 救命救急センター 講師

抄録 :

抄録
※pdfが開きます(779KB)

2019年10月2日~4日に開催されました第47回日本救急医学会総会・学術集会(会長:順天堂大学大学院医学研究科 救急災害医学 教授 田中裕先生)において、IMIブースセミナーを開催いたしました。

本セミナーでは弊社展示ブースで、救急現場でご活躍されている3名の先生に、心肺蘇生に関するトピックについてご講演いただきました。

【セミナー①】意外と知らない!?心肺蘇生時の経肺圧
島崎淳也 先生(大阪大学医学部附属病院 高度救命救急センター 助教)

島崎淳也 先生
▲ 島崎淳也 先生

救急現場で何の疑問もなく従っているガイドラインについて、 エビデンスに基づきながら「そのガイドラインの意義」についてご解説いただきました。
また、AVEAベンチレータを使用して、心肺蘇生中の経肺圧の測定結果と「その結果が意味すること」について、実際のグラフィック波形を用いて詳しくご解説いただきました。

【セミナー②】アクションカードを用いた質の高いCPRの実践
淺井英樹 先生(奈良県立医科大学附属病院 高度救命救急センター 助教)

淺井英樹 先生
▲ 淺井英樹 先生

災害時に使用するアクションカードを用いて、心肺蘇生時のアクションカードを作成・運用することにより、初期研修医が多い大学病院で人員の効率的活用と質の高いCPRを達成することができるのか?という取り組みについて、心肺蘇生時やブリーフィング時の実際の動画を用いながら、詳しくご解説いただきました。

【セミナー③】心肺蘇生時における現状と課題~ベンチレータとカプノメータの有効な活用方法~
久野将宗 先生(日本医科大学多摩永山病院 救命救急センター 講師)

久野将宗 先生
▲ 久野将宗 先生

心肺蘇生中に継続的に圧制御換気を行うMONNAL T60のCPVモードについて、救急現場における現状と課題を交えながら、実際の心肺蘇生時の動画を用いて、その使用方法と現場におけるメリットをご解説いただきました。 また、簡易型カプノメータ EMMAについても、EtCO2モニタリングの有用性等、詳しくご解説いただきました。

本セミナーは2日間で6回開催されましたが、どのセミナーでも大勢の参加者の体温とスクリーンに向けられた真剣な眼差しで、会場は熱気に包まれていました。

セミナー風景1

セミナー風景2


▲ セミナー風景

また、本セミナーを収録したDVDを無料で配布しています。
下記ボタンより人工呼吸器「MONNAL T60、MONNAL T50」のチェックボックスにチェックを入れて、画面下部の[申し込みフォームへ]からお申込みください。

DVD・ハンドブック等 無償提供のご案内

最後に、今回のIMIブースセミナーで素晴らしいご講演をいただきました島崎淳也先生、淺井英樹先生、久野将宗先生に心より感謝申し上げます。

以上

アイ・エム・アイ株式会社 IMI.Co.,Ltd

このページは、医療関係者の方へ弊社の販売する商品・サービスに関連する情報をご提供することを目的として作成されております。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?
TOPへ