モニタ

ニロモニタ NIRO-200NX
  • 販売中
  • レンタル

近赤外分光法(NIRS)を用いたニロモニタ。2種類の測定原理を用い脳の酸素化・代謝を詳細に表現します。

商品仕様

ニロモニタ NIRO-200NX
  • ニロモニタ NIRO-200NX
一般的名称
機能検査オキシメータ
分類
管理医療機器 特定保守管理医療機器
認証番号
221AFBZX00122000
添付文書
製造元
浜松ホトニクス株式会社製
電源

AC100V、50/60Hz

寸法

表示ユニット:幅264×高279×奥行190 mm
アンプユニット:幅91×高55×奥行156 mm

重量

表示ユニット:6kg
アンプユニット:0.7kg

測定項目
組織酸素化指標 TOI(%)
組織ヘモグロビン指標 nTHI(初期の値を1とした相対値)
酸素化ヘモグロビン変化量 ΔO2Hb(μmol/L)
脱酸素化ヘモグロビン変化量 ΔHHb(μmol/L)
総ヘモグロビン変化量 ΔcHb(μmol/L)
測定範囲
TOI(%):0%~99%
測定サンプル間隔
0.05秒*、0.2秒、0.5秒、1秒、2秒、5秒、10秒、20秒、30秒
*4ch使用時を除く
測定方式
SRS法(空間分解分光法)、MBL法(モディファイド・ビア・ランバート法)
外部保存
USBメモリ
出力信号
デジタル出力(RS232C、D-Sub 9pin)
アナログ出力(8 ch、D-Sub 9pin)*
*測定サンプル間隔0.05秒の場合を除く

特長

  • 定量性に優れた空間分解分光法(SRS法)と反応性に優れたMBL法。2つの測定原理を用い、より細かな脳酸素の情報を提供します
  • 各ヘモグロビンの濃度変化量により、脳の状況がより詳しくわかります
  • ユーザの用途に合わせて、「標準画面」「複合画面」「重ね合わせ画面」の3種類から表示方法を選択することが可能です
  • USBメモリへのデータ保存、サブディスプレイへのビデオ出力、intelliBridgeを介したPhilips製モニタでのデータ統合管理など、多彩なインターフェース
  • 維持コストを抑えるコンパクトなリユーザブルプローブ

レンタルサービス

レンタルメニュー 期間 お申込み
スポット 2週間~1ヶ月 選択
月間 月間 選択
年間 年間 選択
5年 5年 選択
  • レンタルサービスのご説明はこちらを御覧ください
  • レンタルメニュー表の●マークよりお申し込みいただけます
アイ・エム・アイ株式会社 IMI.Co.,Ltd

このページは、医療関係者の方へ弊社の販売する商品・サービスに関連する情報をご提供することを目的として作成されております。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?
TOPへ